防水・コーキング工事

■防水工事で雨水の浸入を防ぎましょう!

建物に降り注ぐ雨風や紫外線を跳ね返し、耐久性と美観を保つためにおこなわれるのが防水工事。
そんな防水工事の工法はさまざまで、現場の状況によって使い分けられます。

塗装工事をおこなっている当社は防水工事も得意としていますので、施工箇所の状態を正しく見極めて適切な処置を施すことが可能!
塗装工事と合わせて、ベランダ防水・バルコニー防水・屋上防水などの防水工事も一緒に行うのがオススメです。

 

■防水工事の工法

○FRP防水
耐久性に優れたFRPと呼ばれる素材を防水塗料として活用しており、軽量で強度が高いのが特徴。
保護層が不要で、重歩行や車両走行にも耐えられます。
耐水・耐蝕・耐候性など、あらゆる機能に優れているため近年注目を集めている塗装防水です。

ただし、樹脂が硬化するまでの間は臭いが周囲に広がることがあるので、臭気対策が必要になります。

○ウレタン防水
国内で半数以上のシェアを占めるウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤をかきまぜて塗装する防水法です。
下地の形状に馴染みやすく、屋上やベランダなど施工箇所を選びません。
基本的にどのような現場・環境にも適していますが、特に貯水槽や室外機などの設備が多い屋上など、複雑な形状の現場では多く使用されています。

 

■コーキング工事とは?

外壁同士の継ぎ目、窓サッシや玄関サッシと外壁の継ぎ目など、コーキング工事はその継ぎ目に生じる隙間を埋める工事のことで、建物の防水性や気密性を保持する役割をはたしています。

コーキングは紫外線や雨風の影響を受けやすいため対応年数が短く、3年~5年程で劣化の症状が出てきます。
建物への水の浸入を防ぐためにも、経年劣化によるコーキングの硬化やひび割れを発見した際は、お早めに当社までご連絡ください!

【電話】(代表直通)080-1022-7429 (事務所)0480-72-2744
【受付時間】8:00~19:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】加須市を中心に埼玉県近郊エリア

一覧ページに戻る